読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luvit Tex Take Mix

We are anonymous. We share music :)

THE ROLLING GIRLS - ロリガ・ロック・ベスト! ~Songs of the mob, by the mob, for the mob~

f:id:skeltzerspleltzer:20170420230648j:plain

 

 

久々に帰った北埼玉の、妙に広々してるGEOにふらりと入店した。

取り扱ってる映画も音楽も、どれもこれもが、相変わらずありきたりで、

どうしようもなく、つまらなかった。

店内からはアニソンが流れてくる。

 

いつの間にかしょうもない風景の一角に深夜アニメも紛れ込んだのか。

何だかなと甲高い声の番宣を店内で聞きながら、

その小汚い店内をふらついていた。

 

「気が狂いそう」

 

相変わらずの甲高い声だが、流れてきたのはブルーハーツ

ゼロ年代末、十代の頃にパンクロックとして

ブルーハーツを聴いてたやつなんて殆どいなくて、

(パンクロック好きはもっと尖ったものを聴いていた)

日本一いなたい埼玉のFM番組から

トラックの運ちゃんへの応援ソングとして流れている体の、

どうしようもなください音楽。でも、不意に流れる1節が強烈だったりする。

 

ただ今流れているそれは、

どうせブルーハーツのカバー商法の一貫にアニメが便乗しただけの、

くだらない代物なんだろう、

そう思いながら「人にやさしく」とともに聞こえてきたアニメの番宣に苦笑した。

今流行のご当地アニメ。しかも舞台は埼玉所沢かよ。

それにブルーハーツときた。笑うしかない。

 

そうしてブルーハーツが使われたご当地アニメ「ローリングガールズ」は、

アニメ放送のリアルタイムでは結局一度も観なかった。

 

しかしひょんなことから、

「ローリングガールズ」がみたくなったのは放送終了して半年ほど経ったある日。

huluをつかって、一気に観てしまった。

 

話はご当地アニメというよりかは、サイケなロードムービーという体というのが近い。

バイクで女の子が移動しながら、その場その場の短編がオムニバスとして繋がる。

正直わかりやすい直線的な話じゃなくとっちらかっている。

だけど、みじかい5分くらいの1楽曲にぐっと心惹かれるように、

短編のなかで、無性にエモーショナルな気分になってしまうのだ。最終回も。

 

そしてまた選曲がよい。OPが「人にやさしく」ではあるが、EDが「月の爆撃機」。

1話挿入歌が「1000のバイオリン」。最初にでたシングルでも、

ちゃんと、月の爆撃機の次に1000のバイオリンという順で収録された。

ちゃんとブルーハーツのライブセットリストや、アルバム「STICK OUT」通りである。

演奏もチャチな打ち込みじゃなくて、しっかりとバンドサウンド。

 

実は宇宙人という設定の、モッズコートを着たちいさい女の子が出てくるのだが、

そいつがまたかわいい。

その子の声で歌うブルーハーツが、かなりいい。かわいいからじゃなくて、

青臭い少年のようなそれの、

アニメ的に成熟した声とはズレたその感じが、

かなり楽曲のトーンと合致してるのだ。

 

アニメビジネス的に、シングルとアルバムとで

カラオケ音源とセットで小出しにしてきた売り方は汚いけれど、

カバーされた楽曲そのものは誠実だった。

結局ロリガに触発されて、ようやくアルバムでブルーハーツの音源も聴いた。

自分自身、青臭い十代でなくなって、バンドやレコード屋の店員もうまくいかなくて、

いなたい埼玉のハズレの家をとびだして(仕事もやめて)、

東京で新たな生活をはじめた。

はじめたのだけれど、結局、

会社でもまれる貧困サラリーマンになってしまっていた。

いなたい糞みたいなラジオやロックから逃れたというのに、

結局まわりまわって、ブルーハーツで鬱憤を晴らす自分がいるのだ。

 

だからこれを聴けばいいと思う。ようやく1枚のCDに楽曲がまとまったので。

これを聴いて、残業から帰ってきた深夜に一人で、国道を疾走すればいい。

おっさんになってしまったゼロ年代のティーン・エイジャーよ。

 

 

James Webster - "Virtual Utopia Experience: The Movie" (Baudway Video)

f:id:skeltzerspleltzer:20170419011621j:plain

フィラデルフィア在住のJames Websterは、Death's Dynamic Shroud.wmvや、CONSUMERプロダクトのメンバーとして、現行のVaporwaveシーンに立脚した#NUWRLDな音楽制作に携わる傍ら、HCMJWinter Sleepなど複数のソロ名義でも知られるアーティストである。彼の創作活動は音楽だけに留まらず、映像作家としての一面も併せ持っている。James Websterという名前に見覚えがなくとも、Giant Clawの「Dark Web 003」のミュージックビデオを再生すればピンとくる方も多いのではないだろうか。格子模様の床、捻じ曲がった回廊、加速していくカメラワーク、妙に生々しいテクスチャの造形物、不可解な様相を呈した室内……。まさに「Dark Web 003」という楽曲そのものを可視化したような独創的な映像世界は、楽曲のクオリティと相まって大きな反響を呼ぶこととなった。このビジュアルワークを創り上げた張本人こそ、異才James Websterなのである。

先日、James Websterが映像制作を手掛けた作品を編纂した「Virtual Utopia Experience: The Movie」がVHS専門レーベル〈Baudway Video〉からリリースされた。VHSというフォーマットで販売されたものの、あまりの人気ぶりに即日完売。その内容はYoutubeにアップロードされており、全編を視聴することが可能である。本作はミュージックビデオ15本から構成されている。Death's Dynamic Shroud.wmvCONSUMERプロダクトXepter RoseなどJames Webster本人が携わった楽曲ほか、Giant ClawVAPERRORPowerPC MEといった現行Vaporwave周辺のシーンにおける主要な作家の楽曲も数多くコンパイルされており、彼がこの界隈において欠かせない人物であることが窺い知れる。

ビデオを再生するや否や、視聴者はヴァーチャル・ユートピアへと引きずり込まれていく。チープなローポリゴンで構築されたターミナルや工業地帯、かと思えば近未来的な3DCGによって描出された美しい山々や海が広がり、そこに入り乱れる幾何学的な造形物。もはやユートピアではなくディストピアをさまよっているとしか思えない非現実的な空間が展開されたり、グリッチが発生したり、場面が唐突に切り替わったりと、カオティックな1時間を存分に堪能することができる。「Virtual Utopia Experience: The Movie」はVaporwaveシーンのみならず、2010年代のインターネットというバーチャルな空間に漂う空気感を映し出した、極めて重要なアーカイブスと言えるだろう。

ハリウッドザコシショウ ”ゴキブリ男”

f:id:skeltzerspleltzer:20170418213144j:plain

2016年R1ぐらんぷり優勝を飾ったのは、あらびき芸でおなじみのハリウッドザコシショウだった。同期は中川家陣内智則ケンコバなど。
優勝賞金と共に深夜での冠企画番組、そしてついには歌手デビュー。プロデューサーはソロアルバムリリース、そしてバンドでのアルバムリリースを控えた石野卓球だ。
石野卓球といえば、篠原ともえのファーストアルバムの全面プロデューサーであり、数々のリミックスワーク、楽曲提供を行う国内きってのテクノ、ポップスプロデューサーであり、電気グルーヴというテクノカルチャーを大胆かつ下品に時にシリアスに日本という国に広めた男だ。
WIREなど国内レイヴの主催でもお馴染み。

 

そんな石野卓球ハリウッドザコシショウというサブカルチャー気質の二人が作った楽曲が
「ゴキブリ男」だ。ダウンロード配信限定だったが、7インチレコードでのリリース筆者は飛びついた。
作詞作曲石野卓球 コーラスに盟友ピエール瀧も参加。
MVはかなり強烈でYouTubeでの評価も賛否を呼んでいる。

 

 

曲構成は全てサビでゴキブリ男!を連呼する中毒性の高い曲で、ザコシショウのお家芸である”誇張されたザキヤマ”や”誇張された野々村議員” ”どこかにいそうなジジイ”の叫びがディレイされた声でスピーカーから流れる。アガる。

 シンセのコードとリフSEセリフが入り混じるがちゃんとポップミュージックとして狂気をとりいれている風だ。ビートはなんとなく「人間と動物」辺りの音色に近いデジタル寄り。

元来音ネタ替え歌などのネタは豊富で、卓球に「歌が上手い」と言わしめた歌唱力。

 

文脈でいうと、芸人がCDを出すと酷いというのがエンタ芸人以降風潮としてあるが、タブーに飛び込む芸風のザコシショウにとって、或いは「ゴキブリ音楽独占!」と語る卓球にとってこの邂逅は、YMOスネークマンショーの”タイトゥンアップ”のカヴァーや、”MCコミヤの遣唐士です!”などの珍曲達と並ぶ。

愛のある露悪と笑いを愛す卓球なりの人生のセルフパロディというべき解釈も取れるし(そういえば電気グルーヴのツアーで恐怖カメレオン人間!をアンコールでやってました)まず7インチっていうのが良いです。データでも良いですが、ギネスに載らない天才新庄を思い出します。メジャー級。