読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luvit Tex Take Mix

We are anonymous. We share music :)

Tomutonttu - Kevätjuhla (Alter)

フィンランドというとどんなイメージを抱く人が多いのだろう。北欧は人口当たりのメタル・バンド数が非常に多いというトリビアを耳にしたことは無いだろうか。実は、伝統的に電子音楽を中心とした実験音楽もまた負けじとトンがっている。‬
‪おなじみ、Pan SonicのMika Vainioが創立したSahko RecordingsやLove Recordsなどフィンランド音楽史には燦然と輝く作家たちの軌跡がある。KuupuuLau NauTsemblaといった現行の地下作家を始め、その実験精神を引き継ぐのが、フィンランドサイケデリック・フォーク筆頭格、Kemialliset YstävätのリーダーでもあるJan AnderzenによるTomutonttuと言えよう。‬
16、17年と二年連続で‪来日公演を果たしているHelmがキュレーションするAlterからリリースされた本作では、北欧の伝統的なフォーク・ミュージックと電子音楽の芸術的な縫合が図られている。Janはマルチメディア・アーティストであり、今作では彼のインスタレーションが下敷きとなっていて、なんとカビや微生物の一生をモチーフにしているというぶっとんだファンシー具合だ。

シャープかつミニマルな表現で意匠の細部までこだわったミクロな音響設計はフェティッシュな領域にある。おもちゃの楽器やチープなエレクトロニクス、自然界の素材を多用したこの声なきビートで描かれる世界観は非常に抽象的かつ曖昧で、彼の根底にあるという「非言語的なコミュニケーションの可能性」への思索が感じられ、今回のコンセプトであるという有機物と音楽と大地を繋ぐフォーマットとしての媒体という本作の意義は結実している。再度、音楽をコミュニケーションとして捉え直して、聴き手はどうあるかとも考えさせられる一作だ。