読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luvit Tex Take Mix

We are anonymous. We share music :)

Gigi Masin 04/16 @大阪 Grotta dell’ Amore

f:id:skeltzerspleltzer:20170416231133j:image

このブログでは、ライブやレコード屋に行ったという報告も付けていくつもりでいる。私は、何時間か列車に揺られ、何ヶ月かぶりに大阪の心斎橋へと向かう。今日はGigi Masinの初来日という歴史的な出来事が待っていたから。

Gigi Masinは、昨今再評価の波にあるイタリアのアーティスト。どうやらとんでもなく良い音楽を結構長いことやってるらしいぞ、というところから火が付き、遂には来日公演に漕ぎ着けた。ファースト・アルバムの「Wind」は、アンビエントの大名作として知られ、実はSub Rosaから出ていたり、最近には国内盤も出たほどだ。(私はTSUTAYAで借りた。)ディスヒートのチャールズ・ヘイワードとのコラボ・アルバムの昨年のリイシューも大きな話題を呼んでいた。彼が脚光を浴びるキッカケとなったのはやはり、昨今のニューエイジの波をより一層熱いモノとしている気鋭レーベル、Music From Memoryからのコンピレーション「Talk To The Sea」での発掘だろう。彼は今に至るまで絶え間なく活動してきたが、これによって制作意欲が湧いたのか昨今は怒涛の勢いでリリースを繰り広げている。

今回の大阪公演のライブ会場はNewtone Recordsの隣にあるホテルの地下にあるイタリア料理屋で、どうやらここはレンタルスペースでもあるらしい。ギリシア彫刻のような石像も配置されていてどこかヴェイパー的なミステリアスな空気を感じた。洞窟のような空間、音響も良さそうで、いい場所だ。今回はほぼ満員御礼と言っても差し支えないほどに人が詰まっていた。会場に100人はいただろうか。この手のアーティストのライブにしてはかなりの人数だ。昨今の再評価は本当に大きかったのだろう。

さて、曲名までは覚えていないのだが、何曲かアルバム収録曲の中からも演奏してくれた。やや薄暗い部屋の中、ラップトップからトラックを流し始めるとピアノに向き合った彼の音楽には人柄が滲んでいた。予定調和の連続とも言えるような運命的な演奏。絹のように滑らかで、繊細な音を紡ぎながらも、まるで拳で弾いているような力強いタッチで描く情景的な音楽。ピアニッシモとフォルテを行き来するような情熱的ながらも慈しみに満ちている。実際、彼の音楽はかなり感情的で、指というより手のひら全体を使って弾いているようにも見えた。彼の音楽にはやはり彼自身の誠実さのようなものも如実に表れていて、短調の暗い音楽ながらも、聴く側にはその心を委ねるに足りる安らかな感情が齎される。

彼の音楽にはドローン的な側面もあり、ラップトップから発される電子音やビートも私たちのパルスと重なってフロアに満ち溢れ、彼の奏でるグランドピアノの音色をより味わい深く彩っていた。所謂、バレアリックのようなエキゾチックな電子音楽をフィーチャーし、ノンビートというよりはリズミックな展開から起伏に富んでいたりと、退屈しない。一時間超に渡った演奏、最後はペダルを踏み、湿った鈍い低音を響かせて演目を終了した。アンコールは無し。これほどの演奏を前にアンコールを望むまでもないと言ったところか。一指違えること無くカンペキな音楽だった。機会があれば是非もう一度見たいと言ったところだが、いつの話になるだろうか。しかし、流石に思い残すことは無い。握手もしたし、サインも貰った。「最高」というひとことに尽きる。。

この公演は、4/18の東京公演にも続く。あなたもこの機会に是非、ご覧になられてはいかがだろうか?

 

4/18火 東京 Shibuya WWW | Gigi Maisn – balearic state -
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV ¥3,300+1D / DOOR ¥3,800+1D
Ticket Outlet: e+ / Lawson [L:72573] / RA / WWW店頭
Live: Gigi Masin / UNKNOWN ME / Will Long
DJ: Chee Shimizu / COMPUMA *New Age set / 橋本徹
more info: http://www-shibuya.jp/schedule/007625.php