読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luvit Tex Take Mix

We are anonymous. We share music :)

ハリウッドザコシショウ ”ゴキブリ男”

f:id:skeltzerspleltzer:20170418213144j:plain

2016年R1ぐらんぷり優勝を飾ったのは、あらびき芸でおなじみのハリウッドザコシショウだった。同期は中川家陣内智則ケンコバなど。
優勝賞金と共に深夜での冠企画番組、そしてついには歌手デビュー。プロデューサーはソロアルバムリリース、そしてバンドでのアルバムリリースを控えた石野卓球だ。
石野卓球といえば、篠原ともえのファーストアルバムの全面プロデューサーであり、数々のリミックスワーク、楽曲提供を行う国内きってのテクノ、ポップスプロデューサーであり、電気グルーヴというテクノカルチャーを大胆かつ下品に時にシリアスに日本という国に広めた男だ。
WIREなど国内レイヴの主催でもお馴染み。

 

そんな石野卓球ハリウッドザコシショウというサブカルチャー気質の二人が作った楽曲が
「ゴキブリ男」だ。ダウンロード配信限定だったが、7インチレコードでのリリース筆者は飛びついた。
作詞作曲石野卓球 コーラスに盟友ピエール瀧も参加。
MVはかなり強烈でYouTubeでの評価も賛否を呼んでいる。

 

 

曲構成は全てサビでゴキブリ男!を連呼する中毒性の高い曲で、ザコシショウのお家芸である”誇張されたザキヤマ”や”誇張された野々村議員” ”どこかにいそうなジジイ”の叫びがディレイされた声でスピーカーから流れる。アガる。

 シンセのコードとリフSEセリフが入り混じるがちゃんとポップミュージックとして狂気をとりいれている風だ。ビートはなんとなく「人間と動物」辺りの音色に近いデジタル寄り。

元来音ネタ替え歌などのネタは豊富で、卓球に「歌が上手い」と言わしめた歌唱力。

 

文脈でいうと、芸人がCDを出すと酷いというのがエンタ芸人以降風潮としてあるが、タブーに飛び込む芸風のザコシショウにとって、或いは「ゴキブリ音楽独占!」と語る卓球にとってこの邂逅は、YMOスネークマンショーの”タイトゥンアップ”のカヴァーや、”MCコミヤの遣唐士です!”などの珍曲達と並ぶ。

愛のある露悪と笑いを愛す卓球なりの人生のセルフパロディというべき解釈も取れるし(そういえば電気グルーヴのツアーで恐怖カメレオン人間!をアンコールでやってました)まず7インチっていうのが良いです。データでも良いですが、ギネスに載らない天才新庄を思い出します。メジャー級。