読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luvit Tex Take Mix

We are anonymous. We share music :)

K2 / Yasuhito Fujinami - "S/T"

https://f4.bcbits.com/img/a2602483887_10.jpg

ノイズ・ミュージックという限りなく快楽的で、そして限りなくエクストリームな音楽はいったい何処へと連なっていくのだろうか。多くの人のように非常階段やメルツバウがノイズへの入口だった私も、それから何年か経って、ジャパノイズと称された日本のノイズに始まり、海外の現行のノイズに触れるようになっても、ノイズミュージックの深淵へと辿り着くにはまだまだ知識も浅ければ、聞き足りてもいない。未だに「ノイズを聴く」という行為の纏うある種の「特別」のようなものを拭い切れてはおらず、まだまだ私も私の耳もケツの穴も青臭い。

K2とYasuhito Fujinamiの二名によるこのセルフタイトル・スプリットアルバムは、終わりに近づくテン年代の後半にも留まることを知らぬノイズの勢いをまさしく音で体現した重要な作品として記されるべきだろう。説明は要らないと思うが、日本のノイズを語るうえで外せない男、八十年代初期から膨大なカセット作品をリリースし、今やジャパノイズの帝王の一人として君臨するのが草深公秀によるK2。そして、今回、ここでフォーカスを当てたいのは、ハンガリーのノイズレーベル、綾波レイのポスターをレコードに付けてくることでお馴染みThe RitaBlack Leather Jesusといった現行ノイズ大御所も擁するThe Level of Vulnerabilityからのリリースで私もその名を耳にすることとなった埼玉のノイジシャン、Yasuhito Fujinamiである。

彼は2015年頃から膨大な数のカセットとデジタル作品をリリースし始め、Macronymphaの旧友Armenia主催のBizarre Audio Artsや近年ディープな盛り上がりを見せるHarsh Noise Movementなどから作品を発表するなど活動の拡大に余念が無い。こちらのアートワークは、The New Blockadersの「Le Retentir Non」やUrashimaのコンピ「Valkoinen Kohina」などでデザインを務めるコラージュ・アート作家、Ewan Aparicioが担当していて、マニアの必涎のアイテムといったところか。

こういったことを書くのもアレなのだが、この人のツイッターからも感じられるようにYasuhito Fujinamiのノイズには暴力性というよりも、音楽への探究心や誠実さ、人柄も汲み取れるような俗ならぬ魂が込められているように私は思う。ノイズをただの「騒音」として終始せず、深く己をみつめ、省み、繊細な感情の機微を表現する絵筆として向き合っている姿が-音楽を音楽として作り手自身看做していなかったことも多々あった一環のパフォーマンス・アートとしての領域から、純粋な音楽としてのノイズへと向かっていく姿が私には見えるような気さえしている。

Yasuhito Fujinamiの音楽はおしなべて未来志向であって、もちろん過去へのリスペクトも徹底されている。一貫して音の粒も細かくクリアになった近未来的なテクスチャーは新鮮なものに感じられ、ノイズという音楽を作る人の世代も変わりつつあるのだなと認識される。Kazuma KubotaPuce Maryといった00年代以降のオルタナティヴなノイズの流れにも共振するようなポスト・ノイズ的な音風景は、ノイズのアンビエント的側面を強調して、静謐さすら覚えるように包容力を持ち、従来のような無機物から生命の神秘を感じさせる有機体としての躍動感を以て、綿密に敷き詰められている。霊性さえ感じるその神聖なタッチは、壊すのではなく、構築していくような感覚だ。新しい、この人のノイズを私はこれからももっと聴いてみたいと思う。「ポスト・ノイズ」が無かったとしても、日々の生活の一部として。