読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luvit Tex Take Mix

We are anonymous. We share music :)

Kevin Drumm - “Old Connections” (Self Released)

90年代から活動し、ハードなノイズからドローン、即興演奏まで幅のある音を聴かせてくれるケヴィン・ドラム。その作品リリースはEditions MegoErstwhileなど比較的大きなレーベルから自主リリースまで加えると膨大な数に上り、なかなか全貌を掴むのは難しいです。

今作は彼自身のbandcamp*1で今年に入ってから公開された*2作品。現時点ではデジタルのみのリリースでフィジカルでは出ていないと思われます。

内容はガサゴソといった物音と和声的な色合いが感じられない持続音が重なるモノトーンなアンビエント/ドローンといった趣。このブログでも先に紹介されているGiuseppe Ielasi3 Pauses*3や昨年Entr'acteからリリースされたJoachim Nordwall『THE MESSAGE IS VERY SIMPLE』などとも通じる部分のある作品に思いますが、前者ほどこのスタイルを突き詰めた感じもなく、また後者ほど緊張感の高いものでもないので案外聴きやすい印象です。

制作に関しては、オーディオジェネレーター、デジタルカメラによるレコーディング、コンピュータによるアシスト、との記載がありますが、持続音の部分においては楽音に近い安定したピッチが感じられるような音色はあまり用いず、モーターの稼働音や水道管の音、排気音や虫の鳴き声などをピッチダウン加工したような像がボヤけた音が曇った空間に木霊するようなイメージなので、徹底的に角を落としたノイズドローンとも言えるかもしれません。

彼の作品は単純に数が多くどこから手をつけていいやら…といった感じであまりチェックできていないのですが、こういった作風もあるのだなと少し驚いた一作でした。彼のbandcampにアップされる作品は正直クオリティに首を傾げるものや、評価に困るものも多い印象だったのですが、これは久々に当たりを引いた感があります(笑)

*1:過去の音源や新作など主にデジタルで頻繁にアップされていて膨大なカタログ数になっています。昨年その中からドローン寄りのものをセレクトした6枚組ボックスがSonorisからリリースされたことで注目された方も多いのではないでしょうか。

*2:bandcampの作品ページでは昨年12月リリースとなっていますが、公開されたのは今年に入ってからだったと思います。多分……。

*3:今作と同じく20分を超える時間の中で持続音のみよるパートや環境音/物音のみによるパート、それらが重なったパートなどが切り替わっていくような構成がとられています。ただ『3 Pauses』はパートの切り替えがクッキリとしていて実質別々の曲を1トラックとして収録したような感触である(1曲毎の再生を回避するため?)のに対し、こちらはひとつの曲としての輪郭を維持することに主眼が置かれているように感じます。