読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luvit Tex Take Mix

We are anonymous. We share music :)

牛尾憲輔 - "映画『聲の形』original soundtrack 2 inner silence"

f:id:skeltzerspleltzer:20170520221829j:plain

 

agraphの楽曲は、徹底的に突き詰められて隙間がない。3作目である「the shader」において、それがより特化し、かつわかりやすいメロディアスなエレクトロニカからも逸脱をしてしまった。日常において、街中で歩きながら聴くには些かヘビーであり、歩くことに集中ができない。音だけで、視覚だけでなく、別の感覚をも音に引っ張られてしまう。

 

更にそれがより精鋭化した作品が、京都アニメーションによる映画『聲の形』に特典として付随した、「新規音声トラック “inner silence”」(及び、特典CD「映画『聲の形』 original soundtrack 2 inner silence」)である。恐らく、このBlu-rayを購入した9割以上の方は、このトラックでの全編視聴をすることはないだろうが、私がこのアニメ作品における不満を全て払拭した映像体験が、このinner silenceでの鑑賞だった。

 

本編は、聴覚障害がテーマとした人間関係のドラマが描かれるのだが、日本のアニメーション作品自体が、(『君の名は』などが顕著だが)ただでさえ実写よりも情報量が意識的に強調されたものであるアニメーションのなかに、カットの多さ、特徴のあるキャラクタービジュアルに、特徴のある声優演技・そしてセリフ数の多さ、説明の多さがある。更に、リアルな現実風景を模した背景美術の中でも感情を訴えさせられ、そこに効果音やBGMまで積み重ねた中で、ぎゅうぎゅうに情報圧縮されたものが、画面と音から視聴者に対して凄い勢いで通り抜けていく。その中で視聴者は、とりあえずわかる記号を手当たり次第にとって、鑑賞を終える。鑑賞のうちに、行間を読む暇もない。それはもうアニメ映画に限った話ではない。日常においても広告だらけの風景の中で、耳に音楽、片手にスマートフォン、みている画面も複数のSNSやゲームが並行して行われ、凄まじい量の情報が終始流れている中で、私たちは歩いてるつもりになっている。実際その中で、私たちは、何をみているというのだろうか。

 

近年の海外インディペンデンスアニメーション、「父を探して」や(日本配給ではあるものの)「レッドタートル」では、その情報数を意図的に減らし、非リアル的なアニメだけでなく、セリフを廃するような方法も取られた。『聲の形』でも、テーマが聴覚障害であるならば、声による情報をもっと抑えてもよかったのに、という個人的な不満点もあったのだが、音声そのものを排し、内面の音ともいえる、ドローン音源だけで音が構成された“inner silence”での鑑賞体験によって、よりアニメーションとしての情報量の多さを十分に享受する事ができる。

 

本作においては、「雲」が描かれていないという。空の雲自体が雄弁過ぎるゆえ、雲を排しただの青空・雨空・夜空とすること。それは、“inner silence”トラックとのコンセプトへも繋がる。殆ど止まることのない音の連なりの中で、本当に大切なタイミングで、『音』が変化する。低音の音響も素晴らしかった。本当は、映画館で体験したかった。極力、自宅での鑑賞においても、音響を整えた上で鑑賞に臨んでほしい。

DJ DOLBEE ”TOKYO CINEMA”

f:id:skeltzerspleltzer:20170509082927j:plain

 

DJ DOLBEEの2ndアルバム限定300枚プレスにして自身の集大成。
志人やなのるなもないへの楽曲提供で名を上げ、音楽史に残る名作中の名作「明晰夢」や「杣道EP」など志人が近年(と言わず名曲”円都家族”志人自身何百何千と聴いたトラックで)まさに天才と天才の邂逅といった感じだと思っている。

運命は時間の経過と共に必然に思われたりするように、経年変化を愛するような彼のサウンドはターンテーブルとMPCからつくられている、サンプリングを絶妙な鳴りと響きに変えていく名人芸職人芸の領域だ。

前作の”STILL UNDERGROUND”と同じようにインストだけで構成されていて、モードとは遠い次元で鳴るような(近いところでいうならボーズオブカナダ)などのファンでも楽しめそうだが彼の音楽というのは、ノスタルジーやメロディというよりまさに自ら手染めで作り上げた工芸品に近い。ドープの極み。アンビエンスやリヴァーブ漬けのサウンドに非常にいい鳴りで叩かれているビートがかっしりとハマる具合だ。

ビート自体は90年代の黄金期を彷彿とさせるものもあり、本当に何度でも聴けるような作り込みと抜き差しの美学で構築されている。

前作よりまたドープ具合は深く懐も深い。初期のスプリットの楽曲のリメイクも収録されていて、個人的には前作より好みに近づいた。

自然と侘び寂びが存在していて、アタックを削ってリリースを伸ばしたようなパッドのループはまさにヒップホップ=サンプリングミュージックというひとつの正解に基づいて造られていると思う。
劣化したレコードノイズすらも曇りかけの絶妙な音像で、ヒップホップ=サンプリングミュージックの正義が、一長一短でつくられたのとは違うんだと無言の主張も聴こえてくるが、これはあくまでドープなアンビエンスと環境音とビートの適材適所の塩梅。

音が非常に綺麗でこういう音をつくる人はそうそういないし、ここまで極めることはできるのでしょうか?

哲学の答えのようでこれが音楽なんだなあ。涅槃のような音楽です。迷いより音楽を選んだ男の音日記ですね。

 

広告を非表示にする

Kevin Drumm - “Old Connections” (Self Released)

90年代から活動し、ハードなノイズからドローン、即興演奏まで幅のある音を聴かせてくれるケヴィン・ドラム。その作品リリースはEditions MegoErstwhileなど比較的大きなレーベルから自主リリースまで加えると膨大な数に上り、なかなか全貌を掴むのは難しいです。

今作は彼自身のbandcamp*1で今年に入ってから公開された*2作品。現時点ではデジタルのみのリリースでフィジカルでは出ていないと思われます。

内容はガサゴソといった物音と和声的な色合いが感じられない持続音が重なるモノトーンなアンビエント/ドローンといった趣。このブログでも先に紹介されているGiuseppe Ielasi3 Pauses*3や昨年Entr'acteからリリースされたJoachim Nordwall『THE MESSAGE IS VERY SIMPLE』などとも通じる部分のある作品に思いますが、前者ほどこのスタイルを突き詰めた感じもなく、また後者ほど緊張感の高いものでもないので案外聴きやすい印象です。

制作に関しては、オーディオジェネレーター、デジタルカメラによるレコーディング、コンピュータによるアシスト、との記載がありますが、持続音の部分においては楽音に近い安定したピッチが感じられるような音色はあまり用いず、モーターの稼働音や水道管の音、排気音や虫の鳴き声などをピッチダウン加工したような像がボヤけた音が曇った空間に木霊するようなイメージなので、徹底的に角を落としたノイズドローンとも言えるかもしれません。

彼の作品は単純に数が多くどこから手をつけていいやら…といった感じであまりチェックできていないのですが、こういった作風もあるのだなと少し驚いた一作でした。彼のbandcampにアップされる作品は正直クオリティに首を傾げるものや、評価に困るものも多い印象だったのですが、これは久々に当たりを引いた感があります(笑)

*1:過去の音源や新作など主にデジタルで頻繁にアップされていて膨大なカタログ数になっています。昨年その中からドローン寄りのものをセレクトした6枚組ボックスがSonorisからリリースされたことで注目された方も多いのではないでしょうか。

*2:bandcampの作品ページでは昨年12月リリースとなっていますが、公開されたのは今年に入ってからだったと思います。多分……。

*3:今作と同じく20分を超える時間の中で持続音のみよるパートや環境音/物音のみによるパート、それらが重なったパートなどが切り替わっていくような構成がとられています。ただ『3 Pauses』はパートの切り替えがクッキリとしていて実質別々の曲を1トラックとして収録したような感触である(1曲毎の再生を回避するため?)のに対し、こちらはひとつの曲としての輪郭を維持することに主眼が置かれているように感じます。